(2006. 8. 21)

あッ、捨てないで! 雑誌論文の原稿は 《財産》 です
       
〜学術機関リポジトリの動きについて〜

現在、日本国内の大学では機関リポジトリの構築が進んでいます。旭川医科大学でも、今年度中の公開を目指し大学の事業として、構築を進めています。

−リポジトリとは?
 大学での研究成果(学術論文)を出版社からだけではなく、大学からも発信するシステムです。既に海外の主だった大学では構築され、公開しています。北海道大学も昨年から公開していますので、多数の方がアクセスされているかと思います。海外の出版社の多くがこの動きに賛同し、著者版(最終原稿)であればインターネット公開をしてもよいという許可をしています。




 旭川医科大学のリポジトリ動向につきましては、今後お知らせしていきます。


テキスト ボックス:  
 みなさまの 雑誌論文の原稿は、
      大学の貴重な財産 です。
 どうかお手元に保存して置いてください。
 



( 図 書 館 情 報 課 )