(2012.10.11)
図書館サイエンスカフェ ジャムセッション開催のご案内

 オープンアクセスウィーク(OAW)とは、機関リポジトリ(本学では AMCoRアンコル)等、インターネットを通じて研究成果を無料で公開し、世界中の人々が対価なく享受できるようにする「オープンアクセス」の意義を広めるための国際的な促進週間(毎年10月の最終週)です。毎年、世界中の大学や図書館で関連イベントや広報が行われています。(http://openaccessweek.org/

 本学でも、学内構成員を対象に、オープンアクセスの意義を広めるために、下記の通り、第2回図書館サイエンスカフェを開催します。

 今回のテーマは「脳研究は何処に向かうのか?」。ご自身の研究内容や脳研究の最新の取組を、脳機能医工学研究センターの高草木教授、教育研究推進センターの船越教授、脳神経外科学の鎌田教授に分かり易く、熱く語っていただきます。
 サイエンスカフェは、カフェのような気軽な雰囲気で催す双方向のイベントです。会場との質疑応答も予定しています。お気軽にご参加ください。

 特にお申し込みの必要はありませんが、座席は先着順になります。お忙しい時期ではありますが、是非お越しくださいますようご案内いたします。

「脳研究は何処に向かうのか?」 〜第2回図書館サイエンスカフェ〜

日時: 平成24年10月22日(月) 18時から1時間予定

場所: 図書館入口 ロビー

対象: 学生、院生、教職員

セッション参加者:(登壇順)
     高草木 薫 教授(脳機能医工学研究センター)
     船越 洋 教授(教育研究推進センター)
     鎌田 恭輔 教授(脳神経外科学)

(情報管理係)