(2015.06.25)

エルゼビア・セミナー終了しました。

 6月24日(水)に、エルゼビア・ジャパンの高石雅人氏を講師に迎え、セミナーを開催しました。当日は、あいにく少なめの参加者数でしたが、出版倫理・Scopus・Mendeleyと、テンポ良く進み、あっという間の90分でした。

 はじめに、出版倫理については、6つのミスコンダクトに絞っての簡潔な説明と、なかなか聞く機会の少ない様々な現状を聞くことができました。特に利益相反で具体的に挙げられたケースの中には、利益相反には該当しないように感じられる項目もあり、研究不正防止の厳しい研究倫理を感じました。

 次にScopusについてで、ワンクリックで展開される棒グラフや円グラフで本学の論文の傾向が解析される機能の説明があり、実際に共同執筆の多い機関や論文が掲載される雑誌のランキングを表示するデモも行なわれました。Scopusは“文献検索だけではもったいない”ツールであることを再認識しました。

 最後に無償で利用でき、最近注目の文献管理ソフトMendeleyの説明がありました。Mendeleyについて聞きたくてお越しになった方もいらっしゃったようです。文献の登録方法から、論文執筆時の参考文献リストの作成方法まで、実際に見ることができました。また、他の無償の文献管理ソフトにはない、グループ機能で、研究グループを作成し、情報共有や情報交換などコラボレーションができるようになっています。ご興味のある方はぜひお使いください。

 なお当日の資料に、残部がありますので、ご希望の方は図書館カウンターまでお問い合わせください。


(2015.06.09)

エルゼビア・セミナーの開催について

 図書館では下記のとおりエルゼビア社から講師を招き、セミナーを開催します。

 最初に、最近論文剽窃などが話題となることも多くなっていますが、多くの出版物を持つエルゼビア社での出版倫理についてお話を伺います。

 引き続き、文献データベースScopusの効率的な使い方の解説をしていただきます。Scopusでの文献検索では、多くの論文を検索することができますが、読むべき論文をどのように判断していけばよいのか、などのテクニックを伺います。

 その後文献管理ソフトMENDELEYの説明を行っていただきます。MENDELEYは、無料で使える文献管理ソフトで、論文のPDF管理のほか、研究者同士のネットワークも構築できるツールです。

 ぜひ、この機会にご参加ください。

 【日時】 平成27年6月24日(水) 17:00 〜 18:30 (予定)
 【場所】 図書館南棟 ディスカッションスペース
 【対象】 学生・職員など学内者

 * お申込みの必要はありません。席がある限りご参加いただけます。

 * エルゼビアについてのご質問がある方は、事前にご連絡いただければ、あらかじめエルゼビア社に通知します。

 * ノートパソコン等をご持参になった場合、学内LANに接続が可能ですが、図書館無線LANの利用には認証が必要です。詳しくは、図書館無線LANの使い方をご参照ください。


お問い合わせ先: 図書館情報課(浅野)
            内線2224 Email: toshokan@asahikawa-med.ac.jp