E-Cats大学OPAC

ようこそ  ゲスト さん

エビデンス ニ モトズク アトピーセイ ヒフエン チリョウ : アタラシイ チョウリュウ

エビデンスに基づくアトピー性皮膚炎治療 : あたらしい潮流 / 椛島健治, 宮地良樹編集

データ種別 電子ブック
書誌ID EB00054408
出版者 東京 : 中山書店
出版年 2019.9
本文言語 日本語
大きさ 1オンラインリソース

所蔵情報を非表示

URL 配架場所 巻 次 請求記号 資料番号 状 態 コメント ISBN 刷 年 利用注記 予約 指定図書
電子ブック : electronic bk EB052946 メディカルオンライン電子書籍(買い切り制)無料トライアル:2020年8月12日まで

その他
メディカルオンライン電子書籍

書誌詳細を非表示

別書名 背表紙タイトル:エビデンスに基づくアトピー性皮膚科治療
一般注記 背のタイトル(誤植): エビデンスに基づくアトピー性皮膚科治療
文献あり
索引あり
アクセス:WWWによる
近年になり,アトピー性皮膚炎に関する疫学調査,病態の解明を目指した基礎・臨床研究,新薬の開発や臨床試験が多数報告されている。すなわち,自身が経験できないことが国内外で実施され,エビデンスに基づく新たな知見が集積している。こうした時代の要請を鑑み,宮地良樹・京都大学名誉教授と一緒に,アトピー性皮膚炎において「ベストな診療を実践するためには一体何が必要なのか」という議論をした。
アトピー性皮膚炎の新薬が10年ぶりに昨年発売されたが,今後も生物学的製剤やJAK阻害薬,STAT阻害薬,PDE4阻害薬などの発売が予想されており,アトピー性皮膚炎治療は大きな転換点を迎えつつある。本書は,分子レベルにまで深まったアトピー性皮膚炎の病態理解と,それに基づいて開発が進むこれらの新薬について詳しく解説。アトピーをめぐる最近のトピックスや興味深いコラムも満載。
著者標目 椛島, 健治 <カバシマ, ケンジ>
宮地, 良樹(1951-) <ミヤチ, ヨシキ>
件 名 BSH:アトピー性皮膚炎
分 類 NDC8:494.8
NDC9:494.8
NDC10:494.8
NLM:WR160
冊子体 エビデンスに基づくアトピー性皮膚炎治療 : あたらしい潮流 / 椛島健治, 宮地良樹編集

戻る ページトップ