E-Cats大学OPAC

ようこそ  ゲスト さん

キンキンチョウ ニ イドム : キンキンチョウ オ フカク リカイ シ チリョウ ギジュツ オ アップ スル!

筋緊張に挑む : 筋緊張を深く理解し、治療技術をアップする! / 斉藤秀之, 加藤浩編

(臨床思考を踏まえる理学療法プラクティス)
データ種別 電子ブック
書誌ID EB00050021
出版者 東京 : 文光堂
出版年 2015.6
本文言語 日本語
大きさ 1オンラインリソース

所蔵情報を非表示

URL 配架場所 巻 次 請求記号 資料番号 状 態 コメント ISBN 刷 年 利用注記 予約 指定図書
電子ブック : electronic bk EB048559


その他
メディカルオンライン電子書籍

書誌詳細を非表示

別書名 異なりアクセスタイトル:筋緊張に挑む
一般注記 「文献」あり
アクセス:WWWによる
われわれ理学療法士はこの「筋緊張」をどのように捉え,どのように「評価」し,そしてどのように「治療」へ結びつけていけばよいのか? と悩んでいる若手理学療法士も少なくないであろう。そんな疑問に答えるべく今回のMOOKでは「筋緊張」に挑む!ことにした。
治療をしていく上で筋緊張に関わらない理学療法士は皆無であるため,運動・生理学からみた筋緊張,筋緊張の測定・評価,疾患別の筋緊張の特性と治療についてまとめている。
正常な筋緊張とは?異常な筋緊張とは?そもそも筋緊張とは?そして筋緊張をどのように捉え,どのように評価し,どのように治療へ結びつければ良いのか?PART Iでは,生理学視点からみた骨格筋の神経機構や筋緊張発生のメカニズム,運動制御機構からみた筋緊張について基本をおさえ,PART IIでは,筋緊張の評価・検査手技,日常生活動作で遭遇する基本動作,歩行動作,セルフケア,頭部・体幹・および顎・口腔の筋緊張の評価方法について,定性的評価に加え,定量化・数値化への試みを実践することでわかりやすくまとめ,PART IIIでは,疾患別に臨床実践の視点から筋緊張の特性と治療について深く切り込んで臨床展開までまとめている。
著者標目 斉藤, 秀之 <サイトウ, ヒデユキ>
加藤, 浩 <カトウ, ヒロシ>
件 名 NDLSH:理学療法
NDLSH:筋肉 -- 疾患
分 類 NDC9:494.78
NDC9:493.6

ページトップ