E-Cats大学OPAC

ようこそ  ゲスト さん

コウセイシンヤク ノ リスク ベネフィット

向精神薬のリスク・ベネフィット / 樋口輝彦, 石郷岡純責任編集

(専門医のための精神科臨床リュミエール)
データ種別 電子ブック
書誌ID EB00054388
出版者 東京 : 中山書店
出版年 2011.5
本文言語 日本語
大きさ 1オンラインリソース

所蔵情報を非表示

URL 配架場所 巻 次 請求記号 資料番号 状 態 コメント ISBN 刷 年 利用注記 予約 指定図書
電子ブック : electronic bk EB052926 メディカルオンライン電子書籍(買い切り制)無料トライアル:2020年8月12日まで

その他
メディカルオンライン電子書籍

書誌詳細を非表示

別書名 異なりアクセスタイトル:向精神薬のリスクベネフィット
一般注記 引用・参考文献あり
アクセス:WWWによる
本書は薬物療法の単なるレビューあるいはハンドブックとして編集したものではない。今日の薬物療法の到達点を可能な限り明らかにし,限界を踏まえたうえでキメの細かい薬物療法を精神科医が組み立てていただくのに役立つ内容にすることを意図したものである。
本書では、「向精神薬50年の歩み」「薬物療法の到達点」「薬物治療と他の治療法との比較」「向精神薬の未来」の4章により、向精神薬の作用機序の発見に至る経緯、各精神疾患の薬物療法が到達しえた技法やトピックス、薬物療法が新たに生み出した問題や未来への展望について、第一線の臨床家に、最新の知見を開陳していただいた。精緻な精神科薬物療法の決定版である。
精神科治療の中核が薬物療法であることは論をまたない。本書では、「向精神薬50年の歩み」「薬物療法の到達点」「薬物治療と他の治療法との比較」「向精神薬の未来」の4章により、向精神薬の作用機序の発見に至る経緯、各精神疾患の薬物療法が到達しえた技法やトピックス、薬物療法が新たに生み出した問題や未来への展望について、第一線の臨床家に、最新の知見を開陳していただいた。精緻な精神科薬物療法の決定版である。
著者標目 樋口, 輝彦(1945-) <ヒグチ, テルヒコ>
石郷岡, 純 <イシゴウオカ, ジュン>
件 名 BSH:向精神薬
BSH:精神医学
BSH:化学療法
分 類 NDC9:493.72
NDC9:493.7

戻る ページトップ