E-Cats大学OPAC

ようこそ  ゲスト さん

コトバ デ ツマズク コドモ タチ : ハナス ヨム カク ノ ノウカガク

ことばでつまずく子どもたち : 話す・読む・書くの脳科学 / 竹下研三著

データ種別 電子ブック
書誌ID EB00049589
出版者 東京 : 中央法規出版
出版年 2011.9
本文言語 日本語
大きさ 1オンラインリソース

所蔵情報を非表示

URL 配架場所 巻 次 請求記号 資料番号 状 態 コメント ISBN 刷 年 利用注記 予約 指定図書
電子ブック : electronic bk EB048127


その他
メディカルオンライン電子書籍

書誌詳細を非表示

別書名 異なりアクセスタイトル:ことばでつまずく子どもたち
一般注記 文献: 巻末
アクセス:WWWによる
親は誰でもわが子が健やかに育っていくことを願っています。しかし、つまずくこともすくなくありません。とくに、ことばのつまずきです。幼児期はことばが遅い、学童期になると 読み・書きの問題です。結果として親は心配し、子どもにいろいろな干渉をします。それをストレスに感じた子どもは落ち着きをなくし、暴力にはしったりします。この本は、そのような子どもたちをどう理解し、どう配慮し、 どうコミュニケーションの自立に向けて指導していったらよいのかについて述べてみました。
喃語などことばの「始まり」から文章を「書く」ことに至るまで、ことばの発達のメカニズムを臨床経験豊富な小児脳神経科医がやさしく解説。発達のプロセスとそこに「つまずき」がある時にどんなことが起こるのか、子育て・療育のポイントなどを事例をあげながら説明する。
コミュニケーションの自立に向けて──“ことばの発達"のメカニズムと 支援のポイントをわかりやすく解説
著者標目 竹下, 研三 <タケシタ, ケンゾウ>
件 名 NDLSH:言語障害児
NDLSH:発達障害
NDLSH:
分 類 NDC9:378.5
NDLC:EG57

検索結果一覧に戻る ページトップ