E-Cats University OPAC

Welcome  Guest 

カンコウヘン

肝硬変 / 沖田極編集

(新しい診断と治療のABC)
Material Type E-Books
ID EB00051684
Edition 改訂第2版
Publisher 大阪 : 最新医学社
Year 2013.11
Language Japanese
Size 1オンラインリソース

Hide book details.

URL Location Volume Call No. Barcode No. Status Comments ISBN Printed Restriction Reserve Designated Book
電子ブック : electronic bk EB050222


その他
メディカルオンライン電子書籍

Hide details.

Notes 「最新医学」別冊
アクセス:WWWによる
本誌の編纂にあたっては、各執筆者に、日本人に多い肝がんの合併を念頭に置いた原稿執筆をお願いした。編集者としては、それを本誌の特徴としたいと考えたからである。
初版発刊から7年近く経過し,肝硬変の診断・治療において多くのエビデンスが集積されました.肝硬変は慢性的に進行した肝障害の終着点のため,肝臓を元の環境に戻す治療法は肝移植しかありませんでしたが,近年の肝硬変の診断・治療法の進歩は目覚ましく,肝不全や肝性脳症などの合併症に対する集学的治療法も開発されてきました.
本誌では肝硬変の概念,疫学,病理,病態生理から最新の画像診断法を網羅し,腹水,高アンモニア血漿,門脈圧亢進症に対する薬物療法や自己免疫性肝炎など特殊な治療の必要な肝硬変についても解説しました.内視鏡治療,IVR,肝移植,細胞移植についても盛り込んでおります.この分野の成書として是非ご一読ください.
Authors 沖田, 極 <オキタ, キワム>
Subjects NDLSH:肝硬変
Classification NDLC:SC344
NDC9:493.477

Back Page Page Top