E-Cats University OPAC

Welcome  Guest 

カンコウヘン

肝硬変 / 坂井田功企画

(最新醫學)
Material Type E-Books
ID EB00051768
Publisher 大阪 : 最新医学社
Year 2018.2
Language Japanese
Size 1オンラインリソース

Hide book details.

URL Location Volume Call No. Barcode No. Status Comments ISBN Printed Restriction Reserve Designated Book
電子ブック : electronic bk EB050306


その他
メディカルオンライン電子書籍

Hide details.

Notes 文献: 各論文末
監修: 門脇孝, 神庭重信, 工藤正俊, 倉林正彦, 田中良哉, 畠清彦, 三嶋理晃
アクセス:WWWによる
肝硬変は発がんポテンシャルが高い状態であることは周知の事実であるが、この詳細なメカニズムの解明が、今後の課題である。また現状では、進行した肝硬変の完治治療は肝移植のみであるが、ドナー不足の問題を抱えており、肝再生療法などの新規治療法の開発も重要であろう。
本誌では肝硬変の概念・疫学・病態生理や各種診断法,B型肝炎ウイルス,C型肝炎ウイルスに起因する肝硬変やアルコール性肝硬変,NASHに起因する肝硬変などそれぞれの治療法,肝再生療法や肝移植といった新規治療法,さらには胃食道静脈瘤に代表される合併症への対策など肝硬変の最新の診断・治療法を網羅しております。
最新醫學別冊 診断と治療ABC第31回は「肝硬変」です。肝硬変とは種々の原因で生じる慢性に経過する肝疾患の終末病変で,臨床的には黄疸,腹水,肝性脳症などの肝機能不全および食道・胃静脈瘤などの門脈圧亢進症が主な症状です。また肝硬変は発がんポテンシャルが高い状態にあることもよく知られています。是非ご一読ください。
Authors 坂井田, 功(1955-) <サカイダ, イサオ>
Subjects NDLSH:肝硬変
Classification NDLC:SC344
NDC9:493.477
NLM:WI725

Back Page Page Top