E-Cats University OPAC

Welcome  Guest 

ショウニ リンショウ ケンサ ノ ポイント : ソコ ガ シリタイ

小児臨床検査のポイント : そこが知りたい / 『小児内科』『小児外科』編集委員会編

(小児内科)
Material Type E-Books
ID EB00053523
Publisher 東京 : 東京医学社
Year 2017.11
Language Japanese
Size 1オンラインリソース

Hide book details.

URL Location Volume Call No. Barcode No. Status Comments ISBN Printed Restriction Reserve Designated Book
電子ブック : electronic bk EB052061


その他
メディカルオンライン電子書籍

Hide details.

Other titles title page title:Clinical management of laboratory examination in pediatric practice
title page title:Pediatric laboratory testing 2017
variant access title:そこが知りたい小児臨床検査のポイント
Notes [2005]の副書名: そこが知りたい
2017に副書名なし
[2005]の標題紙タイトル: Clinical management of laboratory examination in pediatric practice
2017の標題紙タイトル: Periatric laboratory testing 2017
文献あり
アクセス:WWWによる
雑誌『小児内科』では12 年ぶりに「小児臨床検査のポイント」の2017 年版をまとめました。この12 年間の変化は当然のごとく大きく,2005 年版と比べて変更箇所も多くなっています。日進月歩の検査学の発達に取り残されないように,本書をまとめました。
小児科の臨床現場で患児を前にして的確な診断をするためには、家族歴、現病歴、理学所見など臨床症状から可能性のある疾患、病態を鑑別するために必須の検査項目を選択しなければならない。同じ疾患でも個々の症例で施行すべき検査項目も違う。必要な検査を規定することは容易ではない。キーポイントは、「行う検査の必要性を理解すること」「検査の原理、有用性、そして限界を理解すること」。本書では2005年版から重要性が変わらない基本となる検査項目をはじめ、最新の遺伝子検査、新しい輸入感染症への対応、さらに保険収載の有無も特殊な検査を中心に記載するなど細かい使い勝手に配慮。毎日の診療現場の座右書として、また、ベテラン臨床医には知識の確認・整理にぜひ活用していただきたい1冊。
小児内科 2017 vol.49 増刊号 小児臨床検査のポイント
Authors 「小児内科」編集委員会 <ショウニ ナイカ ヘンシュウ イインカイ>
「小児外科」編集委員会 <ショウニ ゲカ ヘンシュウ イインカイ>
Subjects NDLSH:小児科学
NDLSH:臨床検査
Classification NDC9:493.92

Back Page Page Top