E-Cats University OPAC

Welcome  Guest 

コウジ ノウ キノウ ショウガイシャ ノ ジドウシャ ウンテン サイカイ ト リハビリテーション

高次脳機能障害者の自動車運転再開とリハビリテーション / 蜂須賀研二編著

Material Type E-Books
ID EB00050340
Publisher 京都 : 金芳堂
Year 2014.5
Language Japanese
Size 1オンラインリソース

Hide book details.

URL Location Volume Call No. Barcode No. Status Comments ISBN Printed Restriction Reserve Designated Book
電子ブック 1: electronic bk EB048878


その他
メディカルオンライン電子書籍

Hide details.

Other titles variant access title:高次脳機能障害者の自動車運転再開とリハビリテーション
Notes [v.] 1: 105p. [v.] 2: 111p
アクセス:WWWによる
この出版物は、「高次脳機能障害者の自動車運転再開とリハビリテーション」に関する研究班の研究事業の一環として、2913年4月から2014年3月までの成果に基づき刊行する。本書が、高次脳機能障害者の自動車運転再開の対応に難渋している医療福祉関係者の指針となり、社会参加や職場復帰の際に自動車運転再開の必要性に迫られている患者・家族の一助になることを希望する。
本書第1巻では,自動運転免許制度,健常者の自動車運転と事故発生,高次脳機能障害者(てんかん患者や認知症患者)の自動車運転と社会参加の状況を報告,さらに高次脳機能障害者の自動車運転再開に関してリハビリテーション病院の具体的な取り組みや海外論文と簡易自動車運転シミュレーター等を紹介している.脳機能障害者の自動車運転再開の対応に難渋する医療・リハビリ・福祉スタッフや諸問題に関係する人々(患者・家族など)には自動車運転再開の指針となる必携の書である.一読をお勧めする.
高次脳機能障害者の自動車運転再開の指針となる1冊!外傷性脳損傷者の社会参加や職場復帰は,リハビリテーション医療分野で最近注目されるようになってきており,中でも特に自動車運転はニーズの高いリハビリ課題である.編著者の蜂須賀研二氏を代表とする「自動車運転再開とリハビリテーションに関する研究班」が研究事業(2013~2015年)の成果を年度版で出版する3冊のうちの1冊である.本書第1巻では,自動運転免許制度,健常者の自動車運転と事故発生,高次脳機能障害者(てんかん患者や認知症患者)の自動車運転と社会参加の状況を報告,さらに高次脳機能障害者の自動車運転再開に関してリハビリテーション病院の具体的な取り組みや海外論文と簡易自動車運転シミュレーター等を紹介している.脳機能障害者の自動車運転再開の対応に難渋する医療・リハビリ・福祉スタッフや諸問題に関係する人々(患者・家族など)には自動車運転再開の指針となる必携の書である.一読をお勧めする.
Authors 蜂須賀, 研二 <ハチスカ, ケンジ>
Subjects BSH:高次脳機能障害
BSH:自動車運転者
BSH:リハビリテーション
NDLSH:自動車 -- 運転
Classification NDC8:493.73
NDC9:493.73

Back to Results List Page Top