E-Cats University OPAC

Welcome  Guest 

ケイドウミャク ナイマク ハクリジュツ プラクティス : CEA ノ コンキョ ト スキル ガ ワカル ケッテイバン : WEB デ ミラレル エキスパート ノ シュジュツ ドウガ

頸動脈内膜剥離術プラクティス : CEAの根拠とスキルがわかる決定版 : WEBで見られるエキスパートの手術動画 / 遠藤俊郎編集 : 永田泉編集

Material Type E-Books
ID EB00054466
Publisher 大阪 : メディカ出版
Year 2013.4
Language Japanese
Size 1オンラインリソース

Hide book details.

URL Location Volume Call No. Barcode No. Status Comments ISBN Printed Restriction Reserve Designated Book
電子ブック : electronic bk EB053004 メディカルオンライン電子書籍(買い切り制)無料トライアル:2020年8月12日まで

その他
メディカルオンライン電子書籍

Hide details.

Notes アクセス:WWWによる
本邦においても、1990年ごろより本疾患の増加が顕著となり、CEAの重要性が強く認識されるようになりました。私は、頸動脈アテロームプラークは、CEAによる摘出こそが理論的かつ実践的な最善の治療と確信しています。
頚動脈高度狭窄病変に対し、脳卒中発生予防のための治療として、頚動脈内膜剥離術(CEA)は広く行われている。頚動脈ステント留置術(CAS)などの低侵襲な治療も発達しているが、CEAは今も有効な治療法として行われており、脳外科医が習得すべき手術である。本書ではCEAを行う術者のために、診断、手術適応からはじまり、術前準備、手術の工夫、合併症管理、さらにCASとの比較など、頚動脈内膜剥離術のすべてを紹介する。
手術から合併症までCEAのすべてがわかる。頚動脈高度狭窄病変に対し、脳卒中発生予防のための治療として、頚動脈内膜剥離術(CEA)は広く行われている。頚動脈ステント留置術(CAS)などの低侵襲な治療も発達しているが、CEAは今も有効な治療法として行われており、脳外科医が習得すべき手術である。本書ではCEAを行う術者のために、診断、手術適応からはじまり、術前準備、手術の工夫、合併症管理、さらにCASとの比較など、頚動脈内膜剥離術のすべてを紹介する。
Authors 遠藤, 俊郎 <エンドウ, シュンロウ>
永田, 泉(1949-) <ナガタ, イズミ>
Subjects BSH:血管外科
Classification NDC8:494.284
NDC9:494.284

Back to Results List Page Top